営業スタッフの一日

荷物の検品・積み込み

営業スタッフの1日のスタートは配送準備作業から。昨晩から早朝にかけて各メーカーから届いた荷物を仕分けして、自分の持っていく商品を営業車に積み込みます。積み忘れや持ち出しミスがないかチェックして、今日も出発!


担当エリアへの配送

自分の担当エリアに向かった後は、前日に組んだルートに従って事務所や工事現場への配達をこなしてゆきます。クロス(壁紙)はそんなに重くないから、軽々搬入できますね。


得意先への営業

ここからが営業本番。お客様の事務所で、これから引き受ける現場の打ち合わせ中です。どんな商品を使うべきか、単価はどれぐらいか、職人さんの手配まで引き受けられるか…など、さまざまなことを話し合います。


仲間と共同で搬入作業

他の営業が担当している大現場への搬入を手伝いにきました。こういう大量搬入にはチームワークで対応するのが村上貿易の強みです。終わったら、担当者にジュースの1本ぐらいおごってもらえるかな…?


ランチタイム・事務処理

会社に戻ってお昼を食べたら、午前中の注文を処理。自分が電話で受けた注文を伝票に記入して、業務スタッフに発注してもらいます。


職人さんと打ち合わせ

午後の配達現場で、内装職人さんと雑談。「再来週の予定、まだあいてます? ちょっと人手が足りない現場があるんだけど…」なんて話をすることも。


見積

会社に戻って、依頼されていた見積を処理しています。ちょっと珍しい商品の場合は、仕入先を調べたり、掛率を確認したり。業務スタッフの力を借りることもあります。


翌日の配送ルート確認

今日の受注分の伝票が出てきました。遠方の現場は配送スタッフや他の営業担当に任せて、逆に自分の担当エリアへの配達は自分が引き受けます。配達指定時間を考えてルートを組み、おおまかな予定を立てます。


後片付け・退社

在庫品は今晩のうちに営業車に積んでしまいましょう。あとは日報を提出して、これで本日の仕事完了!

ページトップに戻る


ページトップに戻る